パッチワークという技法は18世紀のアメリカで生まれました。小さな布切れを形や色、大きさ、組み合わせ方などによって手縫いあるいはミシンで別の布と縫い合わせて行きます。


CHRISCELINはさらにこの技法に磨きをかけて、シルクやカシミヤなどの素材を、カシミヤやフランスレースなど柔らかく、ストレッチ性のあるデリケートな素材に刺繍のテクニックで美しく、繊細な模様を作り出しています。